糖尿病食事

糖尿病の原因は何?

現在生活習慣病の代表的な病気の一つとして数えられている糖尿病は、様々な原因によって引き起こされています。
その原因は人それぞれで様々で、普段の生活で身体の機能が衰えたことによって引き起こされる人も居れば、遺伝子が原因となって発症しやすい身体になってしまっている方もいたりと、その解決法も人それぞれで異なります。
糖尿病を予防して健康的な身体を保ち続けるためにはその原因を把握し、どのように予防すれば良いのか考えて日々の生活を送る事が大切です。

 

糖尿病の元となる身体の状態

 

・普段の食事による栄養補給過多
・運動不足
・遺伝子の問題による糖代謝機能の低下

 

この3つが糖尿病の原因に挙げられます。

 

などが挙げられますが、日本人の糖尿病患者の95%にあたる2型糖尿病になっている方は栄養過多と運動不足によって糖尿病になっていると推測されています。
つまり栄養バランスの採れた食事と運動不足さえ解消されれば糖尿病は予防することが出来るということになるので、毎日栄養バランスの採れた食事を摂って少しでも身体を動かすようにして糖尿病予防を行ってください。
糖尿病になりやすい人糖尿病は糖の異常代謝が原因となって引き起こされているのですが、その糖代謝に異常が発生しやすい方は以下の・偏った栄養バランスの食事をよく摂っている方・運動をほとんどしていない方・お酒やタバコが好きな方・生まれつき糖を作る機能が低い過多・妊娠中の方などが挙げられます。
食事、運動、お酒・タバコが原因の糖尿病は生活習慣の改善で確実に予防できますが、生まれつき糖尿病になりやすいという方は一度検査しないとそれが分からないので、特に親が一型糖尿病になっているという方は検査を受けたほうが良いかもしれません。
そして妊娠中の方は身体やホルモンバランスの変化によって糖尿病になりやすい状態になっているので、-産婦人科の医師に相談して妊娠中でも出来る運動などを教わりながら糖尿病を予防しましょう。